世界からくる宝石印鑑の原材料

イメージ画像

みなさんが普段、身近なものとして使っている「印鑑」。
その「印鑑」、どういった材料を使って作られているか、知っていますか。

世界の「印鑑」の「印材」には、実に色々な材料が使われているんです。

なんとその中に、宝石を使った「印鑑」だってあるんですよ~。

では「印鑑」の宝石の原産地とは、一体世界中のどういったところで採れているのでしょうか?
そこで探検隊のごとく、一つずつ挙げていってみましょう~。

○アメジスト…アメジストの原産地は「ブラジル」「ウルグアイ」「アフリカ」などの国々で主に採れています。
アフリカのアメジストは、一回ごとに採れるサイズは小さいのです。
しかし質と色では、ブラジル・ウルグアイに決して負けないくらいの、
ワールドクラス級の良質のアメジストが採れることだってあるんですよ。
一般的に南米大陸のアメジストは、あの広大で雄大なイメージのアフリカ大陸のアメジストより大きいのです。
ちなみに2月の誕生石です。
バレンタインデーに、誰かにプレゼントしちゃおうかな…。

○シトリン…原産地は「ブラジル」です。
熱がアメジストに加わることによって、黄色に変色→シトリンに鮮やかに変身して、
敬愛の意味をこめて「シトリン」と呼ばれるようになるのです。
何だか、かわいらしい呼び名ですよね。
「シトリン」は天然で採れることがとても珍しくて、アメジストに熱処理を施し、
黄色に加工したものが一般的となっております。
こちらは11月の誕生石です。

う~ん、これは、誰にプレゼントしちゃおうかな…。

法人の意思表示の印鑑
http://www.amg-us.com/
キラキラ印鑑が気分を上げてくれる
http://www.hootersargentina.com/

このページの先頭へ